イベント

バーベキューの服装ひとつでモテ女!ぽっちゃりでも好感度UP

友人に誘われたバーベキューにイケメンが来る!というときは少しでも自分の女子力をアピールして男性といい感じになりたいものですよね。
【しかし合コンと同じような服装は女子力アップどころか、場合によってはマイナスになってしまうことも…。】

そこで今回はバーベキューにおすすめの服装をご紹介していきます。
バーベキューが初めてという女性はぜひ参考にしてくださいね。

バーベキューの服装で男子は女子のどこを見ている?

【バーベキューは野外で設置から調理まで行うことが多く、男女ともに普段見ることができない一面をアピールできる場でもあります。】
その場にイケメンが来るとなればなおのこと女子力をアピールしたいものですよね。

しかし、女子力をアピールしたいあまり、バーベキューに不適切な服装はアピールどころかマイナスになる場合も…。
男子は女子の服装のどの部分をチェックするのでしょうか?

合コンと同じテイストの服装はNG!

バーベキューは自分たちで用意や調理を行うため、どうしても洋服が汚れがち。
【そんなときにヒラヒラした服装や動きにくい恰好は男性から『手伝う気がない』と思われてしまいます。】
特に以下の服装はマイナスポイントとなるため、注意しましょう。

1.露出が高すぎるファッション

バーベキューは暑い季節に行うことが多いですが暑いからといって胸元が大きくあいているトップスやミニスカートといった、露出が高すぎるファッションは控えましょう。
露出が高すぎるファッションはたしかに男性の注目を集めますが、残念ながらその注目は好意的なものではありません。
後で男性たちの間で『空気が読めないイタイ子』として記憶に残り、マイナスイメージになります。

また、軽い女と思われてお目当てのカレではなく、変な男性に言い寄られる危険性も…。
【バーベキューではセクシーさよりも健康的な可愛さを意識したほうが男性ウケがよくなりますよ。】

2.アウトドアに不似合いなキレイすぎるファッション

バーベキューに高級ホテルにでも行くようなシックなワンピースや全身ブランドといったキレイすぎるファッションもNG。
男性側からすれば『手伝う気がない』と思われ、声もかけにくい状態になります。
さらに『洋服が汚れるから手伝えない』という言動をしてしまうと男性だけでなく、女性からも非難が集中という針のムシロ状態に。

日焼けをしたくないからと長袖・長ズボン・帽子・サングラスで日陰に待機という完全防備スタイルも、周りから完全に浮いてしまいます。
足場が悪い場合も多いので、ヒールでの参加も避けましょうね。

カジュアル派は女の子らしくスポーティーに

【カジュアル派におすすめなのがデニム+パーカー。】
動きやすく汚れも気にならないファッションは男女とも好感度が高い服装です。
大きいおだんごヘアでヘアバンドやシュシュといった小物使いで、女子力もアピールできます。
寒くなったときにすぐ羽織れるように、チェックシャツをウエストに巻き付ければファッションのアクセントにもなり防寒対策もバッチリですね。

キレイめさんはシンプルスタイルで

【キレイメさんへのオススメコーデはシャツ+デニム。】
特に白いシャツが清潔感があり男性ウケ抜群です。
パンツは細身のものだと垢抜けた印象になり、作業もしやすくなります。
トップスはシャツの下にTシャツを合わせたりポロシャツにするのも良いですね。
ベルトや帽子といった小物や靴にアクセントカラーを入れて、華やかな印象に。

ガーリー派は爽やか重視

【ガーリー派におすすめなのがボーダーのトップス+パンツ。】
爽やかで女の子らしさがアピールできます。
カーディガンを羽織る場合はシンプルなものがおすすめ。
靴もスニーカーやフラットシューズでまとめましょう。
サロペット+Tシャツ+カーディガンの組み合わせも人気ですよ。

バーベキューの服装で好感度UP!機能性:見た目=6:4が黄金比

バーベキューでは機能性を重視した動きやすい服装が、男子からの好感度がUPする秘訣。
特に意識したいポイントは
【1.ヒラヒラとしたスカートよりも機能性重視のパンツ
2.胸元が開きすぎていないTシャツがベスト
3.足場が悪くても安全なスニーカーでファッションのアクセントに
4.防寒対策でカーディガンやパーカーといった羽織りものを用意
5.汚れや臭いがついても洗える革やシルク以外の素材でコーディーネートを】

まとめ髪で男心を刺激

服装と一緒に意識したいのがヘアースタイルです。
バーベキューにはアップスアイルがおすすめですが、ギャップをあえて見せることで気になるカレをドキっとさせましょう。
集合時には下ろしていた長い髪を調理時や肉を焼くときに、サッとまとめる。
【女性にとっては何気ない仕草ですが、男性にとってはドキッとする仕草です。】
髪をまとめることで『きちんとしている』という好印象を与えることもできて一石二鳥ですね。

エプロン持参もポイントアップ

下ごしらえや片付けでは思いがけないことで洋服が汚れてしまうことがあります。
【そんなときに便利なのがアウトドア用のエプロンです。】
最近では100均でも購入できるので用意しておきたいところです。
ここで注意したいのがエプロンを用意する場合は、必ず参加する女性メンバー全員でそろえておくこと。
1人だけ用意していくと周りから浮いてしまうどころか、女性陣から反感を買ってしまう可能性があるため注意しましょう。

また、調理が得意だからとバーベキューの下ごしらえのときに1人でどんどん仕事をこなしていくのも避けたいものです。
確かに作業ははかどりますが、周りの空気が悪くなる可能性があります。
【バーベキューの醍醐味は皆で和気あいあいと楽しむこと。
周りと合わせることも女子力をアピールするポイントですよ。】

服装だけでなく持ち物でも女子力をアピール

女子力をアピールするためにぜひとも持っていきたいアイテムが
【・虫よけスプレー
・日焼け止め
・ばんそうこう
・ウェットティッシュ
・汗拭きシート
・ビニール袋】
汗拭きシートは香りつきのものの方が女子力をアピールできるのでおすすめ。
また、意外と忘れがちなビニール袋はゴミを入れるのに大活躍します。

特に手を洗う場所が近くにない場所もあるので、男性陣が困ったときにウエットティッシュをサッと差し出すと『気が利くな』とかなりの好印象になりますよ。

服装だけでなく行動でも好感度UP

バーベキューでは行動にも気をつけたいところ。
【いくらお目当てのカレがいるからといって特定の相手にのみ気を配るのは控え、全員に気を配るようにしましょう。
常に笑顔で積極的に参加すると好感度UP。】
男性陣が頑張っている姿を見て『ありがとう、助かっちゃった』や『すごい!さすがだね』といった褒め言葉はかなりのモテテクです。
褒める場合は気になるカレにのみ行うのがポイントですよ。

バーベキューの服装でぽっちゃりでも可愛く見えるものは?

ぽっちゃりさんで特に下半身が気になるという場合は、洋服の組み合わせや小物を使って気になる部分をカバーしていきましょう。
【選ぶ色も白やピンクといった膨張色ではなく黒やグレー・青・茶といった引き締め効果が高い色を。
また、ボーダーやフリルのついた服装はぽっちゃりが強調されやすく野暮ったい印象になりがちなので避けたほうが無難です。】

春は色のバランスで引き締め効果をく

【明るい色の洋服が多い春は、黒やグレーといった引き締め色を上手に使い組み合わせていきましょう。】
気になる下半身から視線をそらすためにストールを活用するのも良いでしょう。
夕方になるとまだ冷える時期なら、ロングカーディガンやミリタリージャケットなど丈が長めのアウターを組み合わせることでラインが強調でき、ぽっちゃり対策に有効です。

夏は足や腕を程よく出して健康的に

【ぽっちゃりさんは体型をカバーしようと隠しがちですが、ある程度肌をだしたほうが着やせ効果がUPする場合もあります。】
夏場のバーベキューは大胆なロゴやイラストがはいったTシャツを着用することで、下半身から目をそらせます。
首元・手首・足首といった首をみせたほうがスッキリして見えるため、クロップドパンツなど足首が見える長さのパンツもおすすめですよ。

秋は小物を使ってコーデ

【秋のバーベキューでは落ち着いた色合いの薄手のジャケットやロングカーデで体型をカバーしつつ、ストールやベルト・靴といった小物でアクセントカラーを取り入れていきましょう。】
特に赤のチェックのシャツはウエストに巻けば下半身もカバーでき、華やかさもプラスできるのでバーベーキューにピッタリのアイテム。
ストールは作業の邪魔にならないように、長すぎないものを選びましょうね。

バーベキューにピッタリの服装で男心をつかもう!

【バーベキューで男心をつかむには清潔さと機能性を兼ね備えた、カジュアルスタイルがおすすめです。】
キレイな洋服で汚れを気にして参加しないよりは、積極的にバーベキューに参加する女性のほうがはるかに好印象です。

動きやすい服装で、髪型や持ち物などで女性らしさをアピールして気になるカレのハートを射止めましょう。