ファッション

梅雨の時期に楽ちんな髪型アレンジ集!くせ毛でも簡単にできる

毎年梅雨の時期は天然パーマのくせ毛で髪の毛がまとまらないと、困っている女子高生も多いのではないでしょうか?
カラーリングでごまかそうにも校則でできない。
縮毛矯正も料金が高くて手が届かない…と悩みはつきません。

そこで今回は梅雨時の悩みを解決できるようなヘアアレンジやヘアスタイルについてご紹介していきます。
【校則の範囲内でオシャレをし、楽しい高校生活を送りましょうね。】

梅雨でもまとまる髪型のアレンジ方法を伝授!

くせ毛は遺伝やホルモンバランスの変化・毛穴のつまりといったような様々な原因で起こり、梅雨の季節に前髪や毛先がくるんくるんとまとまらない…、と悩む女子高生も多くいます。
【くせ毛だからオシャレを楽しめないと悩んでいる人は、くせ毛を生かしたヘアアレンジで梅雨の季節を乗り切りましょう。】

ショート編

スタイリング剤でパーマ風に

【ショートカットは実はくせ毛に悩む方にとっておすすめのヘアスタイル。
スタイリング剤を髪に揉みこむようにすることで、まるでパーマをかけたようなナチュラルパーマスタイルになります。】
スタイリング剤はツヤ感があるものでウェットにするとオシャレな仕上がりに。

ヘアスタイルを作る上で変な方向へ髪がハネてしまう場合は、ドライヤーを使い手で押さえるようにするとうまく収まります。

ヘアピンでアレンジ

【校則が厳しい場合はヘアピンを使ったヘアアレンジがおすすめです。】
ヘアピンを三角や星型にするとくせ毛も防げて見た目も可愛い仕上がりに。
ヘアピンを単色だけでなくカラーピンにすると華やかさもアップしますね♪

特におすすめなのが耳上をヘアピンでとめるヘアアレンジ。
簡単にできて見た目もスッキリして学校にピッタリですよ。

ボブ編

アップスタイル

【直毛のアップスタイルよりもくせ毛のクシュッとした感じがプラスになり、女子力UPの可愛らしいヘアアレンジに。】

一部分だけまとめて

くせ毛が気になるサイド部分や前髪を編み込みでまとめるだけで、ガーリースタイルに。
【編み込みを取り入れるだけで梅雨で爆発しそうなボリュームを抑える効果も期待できます。】

髪のトップ部分だけをねじってバレッタやヘアピンでとめるのもおすすめです。
くせ毛のボリュームがキレイに出て、ねじるだけなのにオシャレな印象に。
くせ毛の特徴を一番生かせるアレンジ方法ですね。

ロング編

ポニーテール

くせ毛を生かしたポニーテールをつくりましょう。
手ぐしでサイドの髪を少しのこしてポニーテールをつくります。
残ったサイドの髪をねじりながら、ポニーテールの結び目に巻き付けて完成。
【ねじりながらまとめていくだけで適度なボリュームを残しつつ、長時間キレイなスタイルを維持できるのでおすすめですよ。】

三つ編み

【直毛だとまとまりすぎる三つ編みや編み込みも、くせ毛だと程よいふんわり感が残せオシャレな印象になります。】
サイドにゆったりと1つの三つ編みを作ることでナチュラルさがでて、おすすめ。
髪がうまくまとまらないときはヘアピンを使うときれいにまとまりますよ。

梅雨にオススメの髪型でくせ毛を誤魔化そう

【梅雨の季節に毎日ヘアアレンジをするのが面倒!という場合は思い切って髪型自体を変えてみるのも良いでしょう。】
くせ毛にオススメの髪型を紹介するので、ヘアススタイルの参考にしてください。

1.ベリーショート

【クセが強い場合はベリーショートがおすすめです。
思い切って髪を短くすることでクセがおさまり、スタイリング剤なしでふんわりとした仕上がりに。】
ベリーショートにしてもクセが気になる場合は、スタイリング剤を使いウェーブ感をだしてみましょう。
外国人風スタイルになり、女の子らしさもアップしますよ。

2.ショートヘア

【ベリーショートほど短くするのに抵抗があるという場合は、ショートヘアが良いでしょう。
クセを生かして無造作ヘアにすることで、ゆるくパーマをかけたようなふんわりとした印象に。】
ショートヘアはスタイリングもしやすく、スタイリング剤で髪に動きを出すようにセットすると、さらにくせ毛ば目立たなくなります。
日によってスタイリング剤で収まりきらないときは、上記で紹介したヘアアレンジで乗り切りましょう!

3.ボブヘア

【定番のボブスタイルもくせ毛を生かすことでナチュラルスタイルに大変身。】
甘めのスタイルはもちろん、クセが強い場合は外国人風のふんわりとしたスタイルでクールな印象にもなります。
長めのボブの場合、ヘアワックスを揉みこむことでパーマをかけてような華やかな印象になりますよ。

梅雨でもゴワつかない髪型で朝のセットが簡単に!

梅雨時のヘアアレンジで定番のハーフアップやポニーテールも、髪の毛をねじってまとめるだけでオシャレなヘアスタイルになります。
編み込みや三つ編みをプラスすることで華やかさも出るので、オシャレな女子高生にピッタリ。

毎朝のスタイリングを少しでも簡単にするには、日ごろの髪の毛のお手入れも重要です。
髪のうねりや広がりはダメージが原因なので、「10代だからまだ大丈夫」とそのままにせずにしっかりとヘアケアを行うことでくせ毛の悩みも減少する可能性があります。

髪の乾かし方でくせ毛が変わる!

お風呂上りの髪の乾かし方で翌朝のスタイリングの大変さが変わってきます。
【髪を乾かすときのポイントは
1.タオルドライで髪を半乾きにする
2.トリートメントをつける
3.ドライヤーでしっかりと乾かす】

ドライヤーを使う時もコツがあります。
【髪の毛を手で内側からつかみ、髪の根元にドライヤーを当て乾かしていきましょう。】
このとき同じ場所ばかり集中的に乾かすのではなく、様々な方向から風が当たるようにドライヤーを動かすのがポイント。
髪へのダメージを少なくするために、15センチ以上ドライヤーを離すことも忘れないでくださいね。

髪が乾いたら仕上げです。
温風から冷風に変え、髪のキューティクルを閉めていきましょう。
冷風を当てることでクセが抑えられ、翌朝のスタイリングが楽になるほか髪の毛に艶も出るので女子力UPにつながりますよ。

それでも翌朝、くせ毛でスタイリングが大変という場合はヘアアイロンがおすすめ。
簡単に髪がストレートになるため、くせ毛で悩む女子高生にとっては必須アイテムといえるでしょう。
ヘアアイロンをかけるときは必ず目の細かいブラシで、髪をとかすことが重要ですj。
ブラシで髪をとかさないままヘアアイロンを使ってしまうと、クセで髪がもつれたままプレスされてしまうためデコボコになりやすく、仕上がりが美しくありません。
ヘアアイロンの温度は140度以上になると髪が傷みやすく、クセがさらに悪化しやすくなるため設定温度には十分注意を。

外出時の応急処置

外出時にもヘアアイロンを持参するなど徹底していればともかく、常に持参するのは難しいものです。
【そんなときにおすすめなのが、髪のお直しシートやコンパクトサイズのヘアオイル。】
お直しシートは髪のクセはもちろん、外出先で髪に付着した臭いをとりたいときにも大活躍してくれるアイテムです。
鞄の中に常に携帯しておくと安心ですね。

【ヘアオイルやお直しシートといったお役立ちアイテムがないときは、ハンドクリームで代用しましょう。】
クセが気になる部分につけることで髪のうねりやクセを抑える効果が。
ハンドクリームのメーカーによってべたついてしまう場合もあるので、量には注意して使うようにしましょうね。

自分に合った髪型を見つけることでくせ毛が恐くなくなる!

くせ毛はヘアアレンジや髪型次第でとても魅力的な要素になります。
髪の毛に自然なボリュームが出て華やかになり、パーマをかけたようなヘアスタイルにするのも可能です。
毎日のヘアアレンジが面倒・苦手という場合はくせ毛におすすめのショートヘアにしてみるのも良いですね♪

新しい髪型に挑戦することで、自分の魅力に気づけることでしょう。
【コンプレックスではなく、くせ毛を自分のチャームポイントと考え梅雨を乗り切りましょうね。】