健康

ストレスを溜めないコツは「考え方を変える」が9割≪具体的なやり方も紹介≫

上司に怒られて鬱陶しい
姑の小言にストレスを感じる
恋人と喧嘩してムカつく

このように、ちょっとした事ですぐにイライラしてしまう人は、ストレスが溜まりすぎて溢れそうになっている証拠です。
このままだと体調を崩してしまう危険性が大きいので早急に改善しないといけません。

ここでは今すぐ実践できる『ストレスを溜めないコツ』を具体的に5つ紹介していきます。

ポジティブな思考はストレスを遠ざける

何かとストレスが溜まる人に共通して言えるのは『よくネガティブ(後ろ向き)な考え方をする』という事です。
常にポジティブ(前向き)でいると、ストレスは今の9割以上も軽減できます。
どのように変えればいいのか?を具体的に説明していきますね。

■ネガティブ→ポジティブの具体例
○ダメ出しされた → ダメな部分を教えてくれた
○残業が多くて嫌だなぁ → このご時世、仕事があるってありがたい
○友達と喧嘩した → ここで仲直りしたらもっと絆が深まるかも
○こっぴどく叱られた → 本気で改善しようと思ってくれている
○試合に負けた → 次、勝つためにもっと頑張る
○タイヤがパンクしていた → 運転中にパンクしなくて良かった

など、日常生活でよくある事柄を並べてみましたが、ポジティブな考え方になるためには【感謝の気持ち】になるのが必須です。

いや、それは生まれ持っての性格だから今さら変えられそうにない…
と、思っている人は「よかった」「ありがとう」「助かった」「嬉しい」などの言葉を語尾につけるのを習慣づけるところから始めてください。
性格はすぐに変わりませんが、反復することで脳が変化し考え方も変わってきます。

ストレスの原因を追究するのも重要

上で紹介したポジティブな考え方は、単なる応急処置でしかありません。
ストレスが溜まる原因をつきとめて、そこを改善することが一番大切です。
ただ、イライラしている時には良い改善案なんて浮かんでこないので、まずは前向きな気持ちになってから原因を潰していきましょう。

■ストレスの原因はどんなのが多い?
・会社の付き合い(特に上司)
・恋人とのイザコザ
・嫁や姑のイビリ
・子供がいうことを聞かない

と、主にイライラ型のストレスをいくつか挙げましたが、次のようなものもあるので参考にしてください。

○社会的なストレス
・大切な人が亡くなって悲しい
・急なリストラ
・交通事故の処理

○物理的なストレス
・気温や湿度の変化
・騒音
・空気が悪い

時間が解決するもの、他の人の助けがいるもの、居住環境を変えないとダメなもの、とストレスの種類によって対処法も変わってきます。

考え方なんてすぐ変わらない!そんな人はこの5つを試してみて

ポジティブにならないとダメなのは分かっているんだけど、なかなか上手くできない!という人は、前向きになるように「心と体の準備」から始めてみてください。
どれも簡単なので今日から実行できますよ♪

睡眠時間を増やす

睡眠不足の状態では頭の中がクリアにならず、どうしてもネガティブな思考に陥ってしまいます。
ストレスが溜まる→脳が覚醒する→眠れない→ストレスが溜まる…
このような悪循環にならないためにも、睡眠時間の確保は必須なんですね。

また、肉体的にも疲れやすくなるので、最低6時間は寝るように心掛けて下さい。

寝る直前にコーヒーを飲む、スマホを触る、激しい運動をする、というのは脳が覚醒してしまうので避けて下さい。(寝る3時間くらい前なら問題はありません)

食生活を改善する

日々の食生活を少し変えるだけでも、ストレスが溜まりにくくなります。
どんなものを食べると良いのか?具体的に紹介していきますね。

○キウイ・レモン・オレンジ・いちごなどの『ビタミンC』
ストレスを感じると、それを抑えようとするホルモン[コチゾール]が多く分泌されるのですが、このホルモンは大量のビタミンCを消費します。
ビタミンCが足りない状態ではストレスを上手く抑えらません。…。

これらの果物からビタミンCをたっぷり補給しておくと、ストレスを感じてもすぐに落ち着く体質になれます。

○牛乳・チーズ・ヨーグルト・小魚などの『カルシウム』
イライラしている人に対して「カルシウムが足りないんじゃないの?」とツッコミを入れるシーンは割とよく見ますが、実はコレ本当なんです。

カルシウムには神経細胞の情報伝達をスムーズにする働きがあるため、気持ちを落ち着かせてくれます。
イライラしているなぁ…と感じた時はコップ1杯(300mlくらい)のホットミルクをゆっくりと飲んでみましょう。

趣味に没頭する

そもそもストレスが溜まる理由は、「自分の欲求が満たされていないから」がほとんどです。
そこで有効なのが、自分の趣味を思う存分楽しむ!
楽しいことをしている時の精神状態は非常に安定しており、考え方もかなりポジティブになっています。

今まで仕事ばかりで趣味なんて無いよ…という人は、誰でも始められる難易度の低い趣味から始めてみると良いでしょう。

■お手軽な趣味リスト
・ジグソーパズル[500ピース程度](集中できる)
・陶芸教室(ものづくりの達成感がある)
・サイクリング(運動になる)
・映画やDVD鑑賞(感情を解放できる)
・釣り(ボーっとできる)
・ライブに行く(騒いでストレス発散)

他にも色んな趣味があるので、「これならできるかも」と思ったものは積極的にトライして下さいね。

海や山などの大自然を見る

自然なんて見てどうなるの?と思うかもしれませんが、リラックスに自然は欠かせません。

○海
広々とした水面を眺めていると、自分が今イライラしている事柄がちっぽけに思えて、バカらしくなってきます。
また、波の音はヒーリングミュージックとしても使われるほど心が落ち着く音として有名ですよね。
(瞑想やヨガ教室、岩盤浴などのBGMでもよく流れています)

○山
遠くから見るのもいいですが、山の中を散策した方がリラックス効果は大きいです。
なぜなら、山には『マイナスイオン』があふれているから。

ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、体内ではプラスイオンが増えさらに神経を緊張させてしまいます。
山のマイナスイオンをたくさん吸収して気持ちを落ち着かせましょう。

一人で山に入るのが寂しい人は、ハイキングサークルに入ってみんなでワイワイと話しながら山を堪能するのも◎

周りの意見を聞きまくる

ストレスが溜まりすぎると、自分だけの世界に閉じこもり周囲の話を聞かなくなってしまうケースが非常に多いです。
知らないうちにこうなっている人がほとんどなので、最近イライラするな…と感じたら、とにかく人の話を聞くのが大切。
家族、同僚、恋人、友達など、誰でもいいので話をしましょう!

自分の悩みを相談できる人がベストなのですが、もし居なければ『電話カウンセリング』といったサービスもあります。(15分1,000円)
色んな人の意見を聞いているうちに「なんだ、自分の悩みなんて大したこと無いな」と前向きに考えられることも多いですね。

「ストレスを溜めちゃダメいけない!」と意地になりすぎないこと


ここまで紹介してきた解消方法でストレスが少しでも軽減できたなら、引き続き実践していけばいいのですが、どれをやっても効果を感じなかった場合は一旦頑張るのを止めてください。
なぜなら「ストレスを何とかしないといけない!」と考えること自体が逆に大きなストレスになるからです。

自力でできない場合は、最終手段として病院(ストレス外来)で診てもらいましょう。
※病院では依存性の強いお薬を出されることが多いので、できれば自力でストレスを溜めないように工夫をしてください。