イベント

お中元を贈る時期はいつまで?のし選び・ビジネスでの注意点も

お中元を贈るのが初めての人は、いつまでに贈ればいいのか分からないもの。
友達や家族に聞いても7月中旬じゃないとダメ!とか、8月上旬でも別に問題ない、と意見が分かれて、いったいどっちなのか?余計に悩んでしまいますよね…。

このページでは、お中元を贈る時期はいつからいつまでなのか?を中心に、のし選びの注意点・ビジネスとプライベートでの贈り方の違いなども詳しく説明していきます。

お中元を贈る時期はいつまで?

お中元は7月初旬~7月15日に贈るのが一般的ですが、実は地域によって時期が違います。
地域別にお中元を贈る時期をまとめておいたのでチェックしてください。

■関東、東北
<7月1日~7月15日>
特に関東は混雑するため配送がかなり遅れることを考慮して早めに手配をしておかないといけません。
後述する他の地域よりも少し早めに設定されているのは、この配送の遅れを見越してのことかもしれませんね。

■関西、東海、中国・四国、北海道、北陸
<7月中旬~8月15日>
関東や東北よりも少し遅い設定になっていますが、近年の物流の混雑問題で7月上旬から贈りだしているケースも増えました。

■九州
<8月1日~8月15日>
関東、東北と比べて1ヶ月も遅いため早く贈りすぎないように注意しないといけません。
ただ近年ではそこまで期間を重要視しない人も増えており7月下旬に贈っても特に問題はありません。(年配の方に贈る時は8月に入ってからの方がいいです)

■沖縄
<8月下旬(旧暦7月15日)まで>
8月下旬と書きましたが、これは2018年の旧暦に基づく日付です。
年によって微妙に前後するため旧暦を毎年チェックしてから配送の手配をしてください。
また、沖縄発着の配送には中2日かかることも頭に入れておきましょう。

このように地域によっては丸1ヶ月の違いがあるところも…。
【複数の地域に一括で発送手続きをする時は、到着時期の設定を忘れないでくださいね。】

のしに「お中元」と書いていいのはいつまで?

基本的に上の項目で説明した期間内であれば「お中元」と書かれた“のし”で問題はありません。

その時期を過ぎてしまった場合、“のし”には「残暑見舞い」と書きましょう。
残暑見舞いとして贈るときは8月中に届くように手配するのが一般的ですが、9月に入っても蒸し暑さが続くのであれば9月上旬に届けてもOKです。
残暑見舞いには特にコレといった期限の決まりはないので安心して下さい。

お中元はビジネスとプライベートでいつまでに贈ればいいか違う?

ビジネスとして取引先やお客さんにお中元を贈るときも、基本的に期間はこのページで説明したとおりです。
【贈る時期に関しては特に注意はしなくていい】ですが、次の点は考慮したいところ。

本来、お中元やお歳暮は手渡しで日々の感謝の気持ちを伝えるものですが、遠方であったり、気を遣わせないように、といった点から配送業者を介するのが普通になっています。
ギフトだけでももちろん気持ちは伝わると思いますが、お礼状も一緒に送るともっと感謝の気持ちが伝わりやすくなります。
お礼状を同梱してくれるお店を選びましょう。

お中元や残暑見舞いに喜ばれるギフトは?

真夏の暑さを少しでも忘れられるような、ゼリーやアイスなどが定番かつ人気ですね。
果物やお肉、魚介類も人気はありますが、好き嫌いが分かれるため万人受けはしないでしょう…。

また、大きすぎるもの・常温保存できないものはできれば避けたいところです。
カニや肉などの「かさ張る生もの」は、お届け先で保管できるかどうか?を確認してから贈るようにしましょう。

小分けになっているジュースや和菓子などは、家族で分けられるため喜ばれます。
それでも何にしようか迷った場合は、カタログギフトで好きなものを選んでもらうのも良いですね。

お中元を贈る時期はそこまで気にしなくても大丈夫

地域によってお中元を贈る時期はことなりますが、7月上旬~8月15日の間なら問題はありません。
60~80代といった年配の方に贈るのならば時期はとても大切ですが、それよりも若い年代の人に贈るのであればそこまで気にする必要はありません。(8月中旬までに贈ればOKです)

おさらいとして、お中元を贈る時期を地域別に表にまとめておいたのでチェックしておいてくださいね。

■お中元を贈る時期(地域別)

7月1日
~7月15日
関東・東北
7月中旬
~8月15日
関西・東海・中国・四国・北海道・北陸
8月1日
~8月15日
九州
8月下旬
(旧暦7月15日)まで
沖縄

最近は配送業者の人手不足により到着までにかなりの時間がかかるケースがほとんどです。
まだ1ヶ月先の話だから…と油断していると8月中に届かない!?なんて事もあるので、お中元のギフトは6月中に決めて7月上旬には届くように(九州の場合は8月上旬)手配しておきましょう。