家事

洗い物を早くする5つのコツ~食器を早く洗うには?~

毎回の食事と必ずセットでついてくる洗い物。
洗い物だけで毎回時間がかかりすぎるから何とかしたい!と思っている方も多いのではないでしょうか?
【洗い物が好きと思っている方は少なく、できれば短時間で終わらせたいもの。】

そこで今回は、洗い物を早くするコツについてご紹介していきます。
洗い物に時間がかかりすぎると悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめて洗うのではなく使い終わったらすぐ洗う


洗い物をは安くする1つ目のコツが最後にまとめて洗わずに、その都度洗っていくということ。
洗い物は食器だけでなくフライパンな鍋などの調理器具も含まれます。

【食器は食べ終わってからでないと洗えませんが、そのほかのものは使い終わったらすぐに洗うことが洗い物を楽にするポイント。】

フライパンは使用後コンロに置いたままにするのではなく、すぐシンクへ。
このときキッチンペーパーで油汚れを軽く吹いておくだけで、その後の洗い物が簡単に。

シンクの場所と取るボウルもフライパンで食材を炒めている時間を使って、ササっと洗ってしまいましょう。
炊飯器はご飯を全て出した後に水を入れておきましょう。
これだけで残ったご飯粒が簡単に落ち、洗い物が楽になりますよ。

また、食べる前に洗い物をするというのもおすすめ。
調理器具を洗っておくだけで、残りは食器のみ。
洗い物の時間短縮にもつながりますね。

油汚れと軽い汚れを一緒に洗わない


洗い物を早くする2つめのコツは、汚れの種類で分類するということ。

【シンクに食器を置いていくとき、汚れを広げないためにも油汚れと軽い汚れのものは別々に。
何も考えずに重ねて置いてしまうと、軽い汚れの食器にも油汚れが移るため手間がかかります。】

油汚れのついた食器もシンクに置く前に、キッチンペーパーでフライパン同様ふき取っておきましょう。
ゴムベラがある場合は汚れ落とし専用として1つ用意しておくと、キッチンペーパーの節約にもつながりおすすめ。
面倒と感じるかもしれませんが、この1手間をかけるかかけないかで、この後の洗い物にかかる時間が変わってきますよ。

また、汚れの度合いで食器を分けるときに一緒に行いたいのが食器の形や材質での分類。
ガラス類、陶器類とまとめておくだけで洗いやすくなります。

食べ終わったら水につけて汚れを浮かしておく


【3つめのコツは洗い物をスムーズに行うために、つけ置きを利用すること。
シンクにある程度広さがある場合は、桶を用意して食べ終わった食器をつけておきましょう。】

お茶碗にこびりついたご飯粒は乾燥すると、落とすのに一苦労。
つけ置きしておくことで、ご飯粒がふやけて簡単にキレイになります。

つけ置き用の桶には野菜を洗った水やお米のとぎ汁といった、あまり汚れていない水を入れると節水効果も。
お茶を飲んだだけのカップといった汚れがそれほど気にならないものは、桶に入れると反対に汚れがひどくなるため入れないように。
プラスチック製のタッパーも油がつくと落とすのに手間がかかるため、桶に入れずにシンクへ。

油汚れがついた食器は入れる前に必ず、汚れを拭き取ることを忘れないようにしましょう。

【シンクに桶を置くスペースがない場合は、食器を重ねて置き水につけおけばつけ置きと同じ効果が得られるので、安心してくださいね。】

洗う順番を変えると早くなる


【4つめのコツは、洗う順番を見直すこと。
手早く洗い物を行うためには、洗う順番が非常に重要。
理想の洗う順番は軽い汚れのあとに油汚れがあるもの。】
軽い汚れの中でも傷がつきやすく、割れやすいガラス類から洗うのがおすすめですよ。

油汚れがある食器を洗う前に、軽い汚れの食器をすすぎまで終わらせシンクの外から出しておくのがポイント。
一見とても面倒と感じるこの作業ですが、同じシンク内に置き油汚れがつくのを防ぐためとても効率が良いんですよ。

油汚れ専用のスポンジがあればそれを使って、洗うのがおすすめ。
すすぎのときも洗い桶が活躍します。
空の桶に洗い終わった食器を入れていき、その後すすいでいくことで下にある食器にも水がかかりすすぐ時間が短縮に。

食器用スポンジはすぐに油で汚れてしまうため、できれば2週間に1回を目安に交換を。
最近では100円ショップでも様々な種類のスポンジが販売されているので、コストが気になる方は利用してみましょうね。

水よりもお湯の方が汚れが落ちやすい


【油汚れは水よりもお湯の方が早く汚れが落ち、効率的。】

しかし、お湯そのものに油を落とす効果があるためお湯での洗い物は手に必要な皮脂まで落とし、手荒れの原因に。
お湯の温度が高くなればなるほど、洗浄力が高くなるため手への負担も大きくなります。
かといって水での洗い物は時間がお湯よりも時間がかかり、寒い季節はつらいもの。
寒い季節の水での洗い物も指先が血行不良になりやすく、アカギレやヒビなどの手荒れにつながります。

そこでおすすめなのが、ぬるま湯の使用です。
【ぬるま湯は手への負担が一番少なく、水よりも温度が高いため汚れも落ちやすいというメリットが。】
手の負担を考え、最適なのが自分の体温よりもやや低めの温度。

普段、お湯で洗い物をしている方で手荒れが気になる方は、ぜひぬるま湯での洗い物を実践してみましょう。

「使う食器を減らす」という方法もあり


洗い物の時間を短縮させるために、そもそも使う食器を減らしてみましょう。
【女性の一人暮らしや朝食など食事量が少ないときは、ワンプレートに盛り付けを。】
彩りや盛り付けに気をつければカフェメニューのように華やかになり、いつもの食事が新鮮に。
ワンプレートと同じように丼メニューも使う食器が少ないため、おすすめですよ。

【忙しくて食器洗いする時間がとれそうもないと分かっているときは、お皿にあらかじめサランラップを乗せて盛り付けるのも良いでしょう。】
サランラップのおかげで、ほとんど洗わなくてすみます。
さらに時間がないときは使い捨てのお皿が便利。
100円ショップにいけば見た目も華やかな紙皿が販売されています。
ホームパーティーで来客が多いときにもおすすめですよ。

洗い物を早く済ませて自由な時間を手に入れよう


【洗い物を早く済ませるコツは

1.使い終わったらすぐに洗う
2.油汚れと軽い汚れは別にする
3.つけ置きを利用する
4.汚れの軽いものから順番に洗う
5.汚れ落ちをよくするためぬるま湯を使う

の5つです。】
また、使う食器を減らして洗い物自体を減らすというのもおすすめ。

洗い物に時間がかかるという方は、上記のポイントを意識して洗い方を見直してみましょう。
効率よく行うことで、自由な時間が増え毎日がより楽しくなりますよ。